title

レスキューダイバー情報
 
 
[レスキューダイバー分割3日間コース]
 
     
 

本当の意味の自立とは自己の本質を見抜くことから始まり、それを確固たるものとする技術と精神力が身についた時、成り立つことです。そしてそれを成し得た者のみが、無責任な行動ではなく、他の者への真のアプローチが実現できるのです。

3日間
学科講習1日&コース実習2日 ¥64,800(税抜¥60,000)

お申し込み前に、必ずお読みください。

■講習開催日

●学科→平日及び週末の毎日開催(約4時間)

●実習→連続2日の毎日開催

 

料金に含まれるもの

●指導料 ●施設使用料 ●タンク&ウエイト代 ●器材レンタル料
●宿泊代 ●マニュアル ●申請料 ●現地までの送迎


カリキュラム 

☆学科講習 1日間
お渡しする教材とビデオを通してインストラクターにより知識開発を行い、理解力を確認するクイズを行い、安全のための知識を習得します。

☆海洋実習 2日間

伊豆の海を利用して2日間を通し、じっくりと様々な対応技術と準備を学びます。講習形式は想定に基づくシュミレーションを通し、実際に体験と対処をしていただき、知識と技術を学びます。

 

<限定水域トレーニング内容>

 

@疲労ダイバー
 水面で疲れて動けないダイバーの救助法
Aパニック・ダイバー
 水面でパニック状態になったダイバーへの対応法
B浜、ボート、桟橋からの対応
 陸上や離れた場所からの事故者への様々なアシスト法を実施と曳航方法の実施
C水中でトラブルに遭遇しているダイバー
 エア切れや過疲労、パニックを起こしたダイバーへの対処法
D行方不明ダイバーの捜索
 適切なサーチパターンを使用し、迅速かつ効率的に発見する
E反応のないダイバーを浮上させる
 水中で意識不明のダイバーを浮上させる方法を修得
F水面で反応のないダイバー
 水面で呼吸のしていないダイバーを人工呼吸と器材脱装の方法を修得
G反応のないダイバーのエキジット
 呼吸をしていないダイバーを陸上に引き上げる方法を修得

H圧力に関する事故のファーストエイドと酸素供給
 減圧障害の事故者への応急手当の手順を修得

I浜やボートからの対応(反応のないダイバー)
  呼吸の無い意識不明のダイバーを対応しながら浜やボートへ、エキジットさせる方法を修得

 

<オープンウォター・シナリオ>

@事故のシュミレーション…浮上
 事故車のバディから話を聞き、それぞれの役割を振り分け、水面と水中からのサーチを開始し、水中で意識不明のダイバーを浮上させる方法を修得

A事故のシュミレーション…適切なレスキュー呼吸、脱装、CPR
 水面で呼吸のしていないダイバーをレスキュー呼吸と器材脱装をし、陸上へと引き上げ、

 応急手当(CPR)を施すまでの方法を修得

 

 
   
 
 

レスキューダイバー取得まで

レスキューコース受講の流れはコチラ